PR|西宮で話題の発毛クリニック|

結婚後もずっとフルタイムの仕事を続けてきました。毎日が家事と仕事で忙しく、疲れとストレスがどんどん溜まっていくのが自分でもわかりました。そんな日々を過ごしていた30代半ばの頃、ふと髪をよくブラッシングする鏡台の前の床に抜け落ちた髪がかなり量が多いことに気づきました。そういえば最近髪がよく抜けるかもと一瞬思いました。しかし、抜けやすい時期なのかもとそれほど深くは考えずにいました。

するとその1年後、行きつけの美容院で、頭頂部の分け目あたりが薄くなっていることを指摘されました。まさかと思い、すぐに自分でも確認したところ、地肌が広がって目立って見えました。30代で薄毛になるとは思ってもいなかったので、かなりショックを受けました。確かに、以前抜け毛の量が増えたなと思った時から、抜ける量が減らないままの状態でした。それを放置していたことで、一番恐れていた薄毛状態になってしまったのです。

そこで、スカルプシャンプーを使うといいと教えてもらったので、早速シャンプーを買い替えることにしました。確かに、スカルプシャンプーを使い始めた途端、洗い上がりの髪が全然違いました。以前はパサつくことが多かったのですが、しっとりと滑らかな髪の触り心地に仕上がりました。頭皮の乾燥も改善してきました。

スカルプシャンプーを使い始めて3ヶ月ぐらい経った時、ふと髪が抜け落ちる量が減ってきたことに気づきました。これ以上薄毛を進行させないための方法としては、効果があるように思えました。ただ、スカルプシャンプーだけでは、髪が増えるなどの効果は得られませんでした。やはり育毛剤などを使用した方がいいのかもしれません。

そう思って1度、育毛剤を試したのですが、たまたま肌に合わないものを選んでしまったことで、再び抜け毛の量が増えてしまった失敗をしました。肌が弱いだけにそれに懲りて、今はまだ育毛剤を使うのを少しためらっています。シャンプーもそうですが、育毛剤も肌に合ったものを選ぶことが大切だと強く思いました。

PR|工務店向け集客ノウハウ|心の童話|生命保険の選び方|お家の見直ししま専科|アフィリエイト相互リンク|家計見直しクラブ||初値予想|健康マニアによる無病ライフ|オーディオ|ショッピングカート|クレジットカードの即日発行じゃけん|英語上達の秘訣|女性向けエステ.com|童話|サプリメント|住宅リフォーム総合情報|